ATOKがIMEに勝手に切り替わる時の設定方法(WIN10)と真のコントロールパネル

最近ATOK2016を購入して使っているのですが、どうも一日に一回程度気がつくとIMEに切り替わっています。

そのたびにタスクバーのIMEのアイコンをクリックしてATOKに切り替えていたのですが、毎日起こるので対策を調べてみましたので記載します。

atok-ime

スポンサーリンク

既定設定

スタートメニューのATOKフォルダにある「ATOK2016を既定の言語に設定」はもちろんしてあります。

この設定をしても突然IMEに切り替わっているのです。

atok1

調べてみるとコントロールパネルから設定すると解決するとの事。

早速コントロールパネルを開いてみますが説明されている設定項目にたどり着けません。。。

いきなりつまずいてしまいました。

コントロールパネル?

WIN10のスタートメニューにコントロールパネルという項目が無いのですが「設定」という項目があるのでクリックするとコントロールパネルが開きますよね?

atok2

この「設定」をクリックすると

atok3

この画面が開きます。これコントロールパネルですよね?完全にそう思い込んでいましたが、実はこれは真のコントロールパネルでは無かったのです!!

真のコントロールパネルの開き方

キーボードの「win+x」を押すと出てきます。

atok4

でてきました!「コントロールパネル」の項目が!!

これをクリックすると。。

atok5

おお!見慣れた画面が出てきました!

まさに真のコントロールパネルですねw

ようやくスタート地点にきました(*≧▽≦)σ

スポンサーリンク

ATOKに設定

1.「時計、言語、および地域」

atok5

コントロールパネルの「時計、言語、および地域」をクリックします。

2.「言語」

atok6

その中の「言語」をクリックします。

3.「詳細設定」

atok7

左側の「詳細設定」をクリックします。

4.「既定の入力方式の上書き」

atok8

上から2つめの「既定の入力方式の上書き」「ATOK」を選択して画面下の「保存」をクリックします。

まとめ

これで設定完了です。

今のところIMEに切り替わらないのでこれで良さそうです(*≧▽≦)σ

しかし、コントロールパネルでいきなりつまずくとは思いもしませんでした(^-^;)

意外と同じところで悩んでいる人も多いのではと思いましたので、この記事を参考に設定してみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク